嵐のあとの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 懲りないわたし(2)

<<   作成日時 : 2017/06/29 09:47   >>

トラックバック 0 / コメント 2

バラは一年中、いつでも手に入るけど、いちばん美しいのは
やはり今の季節、5月6月だ。ほかの季節とは力強さが違う、
訴求力が違う。

一昨日の夜、フラワーデザインの研究会に行ったとき、お店に並んだ
濃いピンクのバラの美しさに息を呑み、即座にその日のデザインは
バラづくしにしようと決めた。

画像

(わたしのへっぽこなカメラの腕前では、その美しさを再現できなくて残念だ)

画像

茎も太くて長く、生命力がみなぎっていて、切るのがもったいないくらいだった。
で、生け終わったあと、残った長い茎をゴミにして捨てる前に、
「この茎もみごとねえ」と言ったら、
花屋さんの友達いわく、「挿し木したら根付くかも」って。

一瞬、う〜んと考えた。
わが家にはいま、植物があふれている。
どんどん育ち、増えすぎて困るくらいだ。
自分で買ったものや、友人知人からいただいたもの。
生命があると思うとどれも愛おしく、できるだけ枯らさないよう
手入れしてしまう。だから、増える一方なのだ。

今のところ、植物の種類はなるべく制限して、統一感が乱れないように
しているけれど、もしバラを挿し木して根付いたとしたら、また1種類
増えることになり、統一からは遠のいていく。

それに、根付いたとしてもバラの手入れは難しい。
肥料の与え方、病気や虫の防ぎ方、温度の管理・・・。
それはわかっているんだけど、みごとな長い茎を見ていると、
「挿し木したら」という友達の声が、悪魔のささやきのように
だんだん大きくなっていく。

昨日は1日中忙しくて、バラにかまけていられなかったけど、
茎だけのバラは今、ちゃんとバケツの水に入っている。
たぶんわたし、挿し木することになると思う。
だって、根付くかどうか、やってみたいんだもの。
好奇心には勝てやしない。
懲りないわたしだねぇ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
きれい!この春はこういうマゼンタというかフーシャピンクが差し色として流行ってたし華やかですね。

様々な植物の一時保護所、マーチさんのベランダ・・・。
ターシャ→ベニシア→マーチでいきましょう!
庭が欲しいですよね・・・。
あざらし
2017/06/29 20:46
あざらしさん、こんばんは。
この色、流行色だったんですか。それは知りませんでした。現物はこのへなちょこ写真より何倍もきれいですよ。
挿し木、やっぱりしちゃいました。夕食のあと、近所のスーパーまで挿し木用の土を買いに行って。どうせゴミになる運命の茎だったんだから、根付かないまま枯れたとしても惜しくはありません、ダメ元です。うまく根付いたらめっけもの・・・いや、その先の世話が大変ですね。
マーチ
2017/06/29 21:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
懲りないわたし(2) 嵐のあとの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる