嵐のあとの日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 飯田橋ギンレイホール

<<   作成日時 : 2017/07/03 20:51   >>

トラックバック 0 / コメント 2

マーティン・スコセッシ監督の『沈黙 サイレンス』、封切り前からこの映画は
ぜひ観たい、絶対に観るぞ、と思っていたのに、ロードショーのときは
どうしても観に行けなくて、とても残念だった。でも、たまたま先日、
飯田橋ギンレイホールで上映中であることを知った。これは何が何でも
観に行かなくちゃ、というわけで、今日、行ってきた。

ご存じの方も多かろうと思うが、ギンレイホールはロードショーの終わった
映画を2本、抱き合わせで上映する映画館だ。昔はこういう名画座が
あちこちにあって、時間はあるけどお金のなかった学生時代は
よく行ったものだった。極端なときは1日に2館、名画座をはしごして、
立て続けに4本の映画を観たこともある。

あれから幾星霜、映画館のあり方も昔とは変わり、名画座はめっきり
すくなくなった(ような気がする。それともわたしが知らないだけで、
いまでも健在なんだろうか)。だから今日のギンレイホールの2本立ては
ものすごく久しぶりで、こういう業態そのものが懐かしかった。
ギンレイホールが名画座としてがんばっていてくれるのがうれしい。

今日の抱き合わせのもう1本は、深田晃司監督『淵に立つ』。この映画は
わたし、何の予備知識もなしに観たんだけど、これもずいぶん重いテーマ
だった。重いテーマの映画は嫌いじゃないから、かまわないんだけど。

重たいプラス重たいで、こりゃ疲れるかなと思ったけれど、うれしいことに、
観終わってもさほど疲れていなかった。でも、近ごろは疲れが2、3日後に
出ることが多いから、明後日か明明後日くらいにどっと疲れるのかも
しれないけれど(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ギンレイホール、たぶん一回くらいしか行ってませんが名画座いいですよね。沈黙は遠藤周作の原作かな?
ギンレイシネマクラブに入ると一年間一万円位で見放題になりますよ確か。
あざらし
2017/07/04 18:22
あざらしさん、こんばんは。
そう、原作は遠藤周作です。わたし、この本は学生時代に読んで、すごく感銘を受けた記憶があります。それ以来、読み返してはいなかったんだけど、映画も感動モノでした。
ギンレイシネマクラブの入会案内は昨日もチケットを買うときもらったんですが、わたしの場合、あまりメリットがないんですよ。そもそもシニアチケットで1回1,000円(税込)ですから。毎月1回行けば10,800円(税込)の年会費のモトがとれておつりが来るんですが、そんなに頻繁にあの映画館だけに行くとは思えないし。だから、入会は見送りました。
マーチ
2017/07/04 20:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
飯田橋ギンレイホール 嵐のあとの日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる