much ado about nothing

今朝、メインで使っているメールの具合がおかしくなった。
送信はできるのに、受信ができないのだ。何度試してもその都度、
エラーの表示が出てしまう。

スマホからメールしてみても、Gmail を使ってみても、まったくダメ。
PCの不具合かと思い、再起動してみた。それでもダメなので、
ルーターも再起動してみた。やはりダメ。

いよいよ困り果て、システムの復元をやってみようかと思った。
でも、待てよ。デスクトップPCもノートパソコンも、おなじようにメールの
着信ができない。ということは、個々のPCのトラブルではなく、
メールソフトとして使っているOutlookの問題なのではないか。

そう考えて、マイクロソフトに電話してみた。
例によって、担当者につながるまで延々待たされた。
でも、途中で切るわけにはいかない。こんなに時間をかけて、
せっかくここまで待ったんだから、いまさら切ってなるもんか、
などと意地になったりして。

やっとつながり、こっちのトラブルを説明しようと思ったら、
担当者は開口一番、「プロバイダーは○○をお使いでは
ありませんか」って。そのプロバイダーは、朝からシステムの
トラブルがあって、まだ復旧してないんだって。そう、まさに
わたしが使っているプロバイダーだ。

なあんだ、そうだったのか。それじゃ、やきもきしてあれこれ
試してみたり、マイクロソフトへの電話に延々と時間をかける必要は
まったくなかったんだ。いまごろはプロバイダー側が必死に作業して
いるだろうから、わたしは最初から何もせずに待っているだけで
よかったんだ。

そのあとはのんびりと待っていたら、昼ごろには着信した。
幸い、急ぎのメールはなかったからよかったものの、ほんとにPCの
トラブルって厄介。自分の側のトラブルかと思い、ついつい直そうと
思って時間や労力をかけてしまう。

空騒ぎをしちゃって、なんだか馬鹿みたい。

この記事へのコメント