引導

数日前に受診した健康診断の結果を聞きに行ってきた。
血糖値(HbA1c)について医師から何か言われるかも
しれないな、とは思っていたけれど、まさかまさか・・・。

LDL(悪玉)コレステロールがこんなに増えているとは
思っていなかった。医師もそこを指摘してきた。
もうそろそろ薬で下げなければならないレベルなのだ。

わたしの問題は、血圧、血糖値、コレステロール値の3つが
そろって高いこと。どれかひとつが高いときと比べ、3つが高いと
動脈硬化の危険がぐんとはね上がる。

血管の病気が怖いのは、中途半端に治る可能性があるからだ。
いっそひと思いに死んじゃえるのなら、むしろそのほうが好ましい
くらいだけど、中途半端に治ると後遺症をともなうケースが多い。
たとえば半身不随とか寝たきりとか・・・。うわあ、考えるだけでも
恐ろしい。

コレステロール値を下げる薬を使うかどうか、医師は決断を
わたしにまかせてくれたけど、その口ぶりはいかにも飲ませたそう
だった。わたしのほうも、今後、運動や食事の管理で
コレステロール値を下げていけるかどうか、自信がない。運動を
増やせば疲れるし、食事を制限すれば体力がなくなるし。

血糖値はともかく、コレステロール値については心の準備ができて
いなかったから迷ったけど、もしかしたら年貢の納めどきなのかも
しれないと思い、薬を始めることに同意した。いちばん弱い薬を、
いちばん少ない量から。そして1カ月後に再度コレステロール値を
測り、効いているかどうか、副作用が出ていないかどうかを調べる
ことになった。

もちろん、薬を飲む決心をしたのはわたし自身だけど、なんだか
引導を渡された感じだなあ。

この記事へのコメント