遙かなる旅(2)

前記事で旅をしたのは芋虫クンだったけど、今回、旅をしたのは
このわたし。いや、実際には旅というほどじゃないんだけどね、
心理的にはえらく遠い旅だった。

しばらく前から行かなくちゃと思っていた眼科の定期検診に、
重い腰を上げてようやく行ってきたのだ。以前から診てもらっている
コンタクトレンズ専門の眼科は、わが家から片道1時間あまり。物理的に遠い。
しかも、いつも混んでいて、待ち時間がとっても長い。その上、眼底検査の
ために瞳孔を広げるから検査のあと何時間も目の焦点が合わなくなって、
その日一日、ほぼ使い物にならなくなる。だから、よほど時間に余裕のある
ときじゃないと行けない。

前回、検診を受けたのは去年の4月。もうまる1年たってるから
行かなくちゃと思いながら、考えただけでなんとなく億劫で、今月に入ってから
ずるずると先送りしていた。でも、いつまでも引き延ばしておくわけには
いかない。それで、今日、一大決心をして片道1時間ちょっとの旅をしてきた
というわけだ。

コンタクトレンズ専門といっても、普通の眼科と同じ検診はすべてやってくれる。
幸い、白内障も緑内障もなく、網膜裂孔も新生血管もいまのところ
問題なかった。

問題は、右目の眼瞼下垂。長年のハードレンズの使用と加齢のせいで
まぶたの筋力が弱まり、レンズが外しにくくなっているのだ。で、そういう場合は
どうしたらいいか、スポイトを使わずに外す方法を教えてもらった。懇切丁寧に
指導してもらったけど、慣れるまでちょっと練習が必要になりそうだ。

最後に、検診は半年に一度は受けたほうがいいと言われた。
眼底にトラブルの芽を抱えている身だから、そのアドバイスには従わなくちゃ。
半年に一度、遙かな旅をすると思うとちょっとしんどいけれど、目が見えなく
なるのは怖いもの。




この記事へのコメント

あざらし
2018年04月17日 21:50
お疲れ様でしたね。でもマーチさんはマメというか、ちゃんと守ってその通りにするから偉いと思います。私なんか、歯科とかどんだけ行ってないか!老眼進むから眼科とか眼鏡屋とか行くべきでは?とか思うんですけど。
マーチ
2018年04月17日 22:40
あざらしさん、こんばんは。
いやあ、わたしはすねに傷持つ身(網膜裂孔が昔からあるし、血糖値が高めだからいずれ新生血管ができる可能性もある)だし、恐がりんぼだから眼科の検診は欠かせないんですよ。一人暮らしで目が見えなくなったらどんだけ不自由か、考えただけでも恐ろしい。
歯医者の検診は受けているのは食いしんぼだから(笑)。なんてったって、自分の歯で食べるのがいちばんおいしいでしょ。まじめな話、歯がダメになって1本何万円もする治療を受けるより、3ヶ月ごとに数千円の検診を受けているほうが安上がりでもありますし。
歯科医も眼科医も、いいクリニックで診てもらえているのでラッキーです。