めがね買うてきた

昨日の処方箋を持って、さっそくめがね屋さんに行ってきた。
優柔不断なわたしのことだから、今回もフレーム選びに時間が
かかったけれど、数年前に初めて近視用のめがねを作ったときと
比べたら、格段に選びやすかった。めがね慣れしたせいだろう。

今回のフレーム選びのポイントは二つだけ。
① できるだけシンプルなデザインであること。
② めがねをかけているという感じがなるべくしないこと。

シンプルという要素は前回とおなじだけど、今回は②が加わったために、
選択肢が絞られた。縁なしならいちばん目立たずに顔に溶け込む。
だけど、お店の人によると、完全な縁なしだと強度が弱くなるんだそうだ。
だから上半分だけフレームがあり、色があまり強くないものを選んだ。

前回のものとはだいぶ雰囲気が違うから、気分転換になる。
最長でも1週間でできあがるって。それより早くなるかもしれない。
できあがり次第、連絡をもらうことにした。楽しみだ。

でも、昨日の検眼で判明したんだけど、わたしは利き目が右目なのに、
残念ながら右目は矯正してもあまり視力が出ない。左目のほうは
かなりくっきり見えるのに。悔しいなあ。

この記事へのコメント